不調の原因は環境からの影響かも?

メンタルコントロール

人間って、空気が悪かったり、部屋が暗いだけでも
環境によって左右される部分があります。

例えば曇り日。
どんより空が重く感じさせます。
偏頭痛を起こす方もいらっしゃいますし、古傷が痛む方もいらっしゃいます。

しかしそれは人間のみならず、
動物たちも曇りの時は機嫌がよくなかったりとか
環境が暗いだけで、何らかの影響を受けているみたいです。

私も曇りの日はどんよりとして、やる気が出ず、イライラしてしまう時があります。

そんな時には、
また自分メンタル悪くなってる・・・って自分を責めがちなんですよ・・・。

でも曇りになるのは自然であって、
動物もそうであるように、
気分が落ちるのもまた自然なのです。

だから、気分が落ち込んだとしても、
「そんな日もあるよね、人間だもの」って、
気分を受け入れることが大切なんだと思います。

受け入れることができない時は
「環境が良くないから、仕方ない!」って
開き直ってみるのもいいかもしれませんね。

というのも、
今日お昼ご飯は外食だったのですが、
店内に入るやいなや、何だかイライラしてきて気分が優れませんでした。

会話にも集中できないし、何だかしんどいしで、
え・・・今日の自分、何だか変・・・?って変に気になりはじめまして・・・。

そして「嫌だな~、メンタル落ち込むなんて」って
嫌な気分が、ふつふつと込み上がってきていました。

でもご飯を食べ終わって外に出ると、
その不快感も一気になくなりました。

一体何だったんだろうか?

それは自分なりの解釈なのですが、
店内の雰囲気に影響を受けていたのではないかと思います。

店内は暗く、
そして店員さんもあまり接客が良くないなど、
時に文句を直接いうつもりはないですが、
少しだけ雰囲気悪いところだなぁと思っていた節がありました。

でも、その場から立ち去ると、負の感情はなくなり、
素に戻ったということは

人間は思っている以上に
環境によって左右されやすい生き物なんだなと感じました。

さらに太陽の下に出ると、カラッとした元気が復活!

ここで経験したものから考えてみると、
マイナスなものに目を向けるんじゃなくて、
明るく、元気になれるものに目を向けると、
自然と元気が湧いてくるものなのだってことです。

店内のマイナス感でどんよりに引きづられているのなら、
太陽の下で元気に遊ぶ子供を見つめるなど、
キラキラしたものを見ることにより
自然に心も明るくなるものです。

落ち込んだなと感じている時は、明るいものを見る

それだけでも、事態は好転するものなのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました