コツコツ鍛えないと、ここぞという時に力を出せない

メンタルコントロール

ランニングしている時に、ふとこの言葉が頭に浮かびました。

「コツコツ鍛えているからこそ ここぞ という時に力を出せる。
怠けていると、肝心な時に力を出せない」

なぜこう思ったかというと、

習慣にしていたランニングを怠けてしまって全速力で走ろうとしても力を出せなかったんですよね。

習慣がなくなれば初動もめんどくさくなる

ランニングしている公園まで
いつも歩いて行っているのですが、

向かうだけでだんだんめんどくさくなって、
途中で帰ろうかな・・・と悩んできたり、
公園に着いてもテンションが上がらず、
めんどくさい気持ちがMAXになっていました。

とりあえず走ってみるものの、
身体が重いわ、思うように前に進まないわで
いつもより格段にタイムを落とす結果に。

たまに久々に走っても
テンションが上がっている時はあるんですけどね・・・。

今回の身体の重さ、やる気のなさで考えると、
習慣になっていたランニングをやめることで
身体が気づかないうちに衰え、
いつものベストな力が出せなくなっていました。

習慣によって作られていた身体は
思うように動かなくなってたんですよね。

走っている時のだる重感と、余裕のなさ。
呼吸も辛いし、心拍数も思うように上がらない。

ここでふと思いました。

ちゃんと鍛えていないと、力を出したいときに力が出せないな、と。

コースの最後には、いつも全速力でゴールへ向かうのですが
案の定ここぞという時に使う力が出せない。

最後までしんどいままゴールしました。

物事は日頃から鍛えているこそ本領発揮ができる

これってランニングのみならず
仕事や恋愛、人間関係でも同じことが当てはまると思うんです。

やらないといけないと思っていても背をそむけている仕事。
恋人への気遣い、コミュニケーション。
全ての人間関係への感謝。

行うのが当たり前だと思えるくらい習慣にしているからこそ
本気で取り組みたい時や、思いを伝えたい時に
思う存分発揮できるんだと思います。

慣れていないことをするとを余裕がなくなりますよね。

余裕があってこそ、物事に全力で取りかかれたり
新しいことにチャレンジできるもの。

そう思った時、すごく反省しました。

このランニングの辛さは、あの時怠けてしまった代償。

毎日コツコツと鍛えて、ここぞという時にスピードが出せるようにしないといけないな。
と思いましたので、ここで書き綴らせていただきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました