遠い目標よりも目の前の目標をコツコツクリアすることが大事

こんにちは、白子です。
タイトルでドドンと表明していますが、目の前の目標のクリアをなかなかできてないです。

  • 将来は年収〇〇万!
  • 夏までにダイエットするぞ!

などざっくりした大きな目標って、いつしか忘れて、達成できないことが多いと思います。

私も何回も未達成。しかも達成していないことにも気づいていない。完全忘れていることなんてほぼそうだと言いましょうか・・・。

三日坊主で、私は何やっても継続しない!って思っていたんですよね。

ただ、毎日ではないですけど継続していることがあります。

ランニングです。

イメージされている継続とはほど遠いですが、1週間に1回ほど走ってます。

ランニングはコツコツ積み上げる象徴的なもの

毎日の積み上げってなかなか難しい。
でも、自分の掲げた大きな目標を達成するには、目の前のことを一つ一つこなしていかなければ、上達もできず、物事が進みません。

でもランニングをしているときは、ゴールは1周先で遠い目標でも、目標は達成できる。
なぜか。
それは、そりゃゴールがあるからひたすら走り続けているからでしょ!と思うかもしれないですが、走っている時の感情は、ただひたすら走っているだけではなくて、

目の前の一歩一歩をしっかりと踏み出している感覚なんです。

遠い目標(ゴール)を目指すんじゃなくて、
今どのペースで走ったらしんどくないかとか、
坂道での負荷によってペースを変えるとか、心拍数が上がりすぎているから、
ゆっくり走ろうか、とか

今起きていることに注目して走っているんですよね。

無理のない範囲で、一歩一歩を踏み出し、自分と対話しながら走る。

そして、気がついたらあっという間にゴールにたどり着いてます。

走りながら思いました。

どれだけ大きな目標があって、その大きな目標ばかり追い続けるよりも、

今日何ができるか?をしっかり考え、
それが例え1パーセントの動きでも、トータルで見ると、ゴールに向かっている第一歩だと。

遠い目標ばかり見ているとしんどい。
それは飛べない私たちが、どうしたら雲をつかめるか?と考えているようなもの。

でかい目標を掲げることを否定しているわけではありません。

むしろ、でかい目標を立てた上で、このゴールを達成するには、一日何ができるか?をしっかり考えて行動することが大事なんだと思います。

ランニングしながらそう思いました。
一歩一歩踏み出すことと、1日決めた達成目録をコツコツと積み上げる。

そしたらいつしか、自分が描いていた夢にたどり着くんだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました