ゆるミニマリストになって捨てたもの5選

main ミニマリスト

こんにちは、ゆるミニマリストの白子です。

今回はコレ捨てて良かったよ~!ってのを、
紹介していこうと思います。

捨てたものを先に言うと、

  • 服・装飾類
  • アニメグッズ
  • スキンケアグッズ
  • 不要な人間関係
  • 人の目

この5つを捨てました。

理由を深掘りしていきます。

服・装飾類は自分に合ったものでOK

服や装飾品は自分の雰囲気や体型にあったものを選びましょう。

自分に合っているもので固めると、
いつも似合っている服を着ることになり、
毎朝の服選びも、悩む必要はありません。

何が似合っているかわからない場合は
パーソナルカラーを診断してみて、自分の似合う色を知ったり、
骨格診断で自分の骨格にあった服装を選んでみるのもアリ。

似合っている服を着ると、自分の印象も良くなりますし
服装選びがラクになります。

好きな服だけじゃダメなのか?

まるっきりダメか?と言われたら、そうではありませんが、

好きな服=似合う服ではないんです。

好きな服ばかり選んでしまうと、

あれ?なんか自分に合ってない・・・?
太ってる?

って思う時があります。

服屋さんでちゃんと、見てから買えばいいんですけどね・・・。
(何回も失敗している)

似合わない服は持っていても結局着ない

もともと私は、
服飾類をたくさん持っていまして、
洋服タンスに入りきれないほど、服にまみれてました。

高校生の時は
アルバイトの給料日になるとショッピング街に行き、
資金はほとんど服に投下。

おしゃれは、
「服がたくさんあってこそだ~~~~!」
と本気で思っていたので、
自分でも管理できないほど服が溢れてました。

結局一回も着ないものや、

え…なんかこれダサくない?ナニコレ…

と思うものなど、あらゆるものが溜まりました。

でも一度ダサいと思うと、着ないですよね。

「でももったいないし、なんか重ね着したらそれっぽくなるだろ!」

とか思って捨てなかったんですけど、
結局着ないんですよ。

大概それは、
自分の体型や肌の色味に合っていないなど、自分に合っていない服を選んでいるから。

そんな服は、即刻捨てましょう。

着ないものを持ってたら邪魔ですし、
何より場所がもったいないですよね。

なので、
服や装飾品は自分の雰囲気や体型にあったもので固めましょう。

airCloset

アニメグッズは必要最低限に

これも、ただの所有欲なだけかなと思っています。

というのも、私も昔はアニメグッズをたくさん持っていて、
部屋に溢れかえってましたから・・・

アニメグッズにはフィギュアやキーホルダーはもちろん、
文房具やハンカチ、ポスターなど、あらゆるものがありますが
ほとんどは、観賞用として置いていることが
多いのではないでしょうか。

実用的なもの(ペンとか)もありますが、
ほとんどのグッズは飾ったり、眺めてニヤニヤするくらいです。

でも決してグッズを持つことを否定してるのではなくて、
実際に使っているものや、

「活力が漲ってくる…!」ってものは
持ってて問題ないと思います。

ただ「持ちすぎない」ってことが重要で、

「本当に自分が欲しいもの?」

「本当に使えるもの?」

と考えてみるのもいいかもしれません。

スキンケアグッズは保湿と日焼け止めだけで基本OK

はじめに、断言します。

化粧水はいりません。

ええ?!って思われたかと思いますが、

繰り返し言います。

いりません。

いやでも化粧水つけないとガサガサになるじゃん…

意外と、コレも勘違いだったりするんですよ。

人間の皮膚にはターンオーバーして入れ替わっていくもの。

米国の医療皮膚科学会が、スキンケアに必要なのは

日焼け止めと保湿

だと言ってます。

化粧水ってそもそも肌の中に浸透せず、1時間で蒸発しちゃうんだとか。

そのかわりオイルを塗ることによって、
肌の中の水分を飛ぶのを防ぐことはできるので、
オイルだけでOKなんです。

オイルは、ワセリン、ホホバオイル、ココナッツオイルなどでよく、

私はニベアを使ってます。

昔はフェイシャルエステに通っていて、
高級スキンケアをガンガン使ってましたが、
化粧水を抜いても大丈夫でした。

人それぞれ肌質が違うので、
本当に乾燥する状態になるなら付けたほうがいいと思いますが
一度試してみてください。

不要な人間関係

なんか苦手だなと思ってる人、
やる気を削いでくる人、
いると疲れるなと思う人。

仕方なく付き合っていたり
話を合わしたりしてませんか?

それ、自分が消耗するだけ。

さらに言うと時間の無駄です。

以前私は、ネガティブな発言ばかりな人と話してましたが、
心が明るくならないし、
前向きにならないし、

これつき合っている意味ないよな…って
気付いて距離を置くことにしました。

その後めんどくさいこともありましたが、
結果的にその人に使っていた時間を減らすことができ、
心が消耗することもなくなりました。

時間って有限ですからね。
嫌だと思う人に使うのではなく、
大切な人や、自分のために使いましょう。

最後は人の目

人の目線って気になりますよね。
変な風に見られたらどうしようという不安や
いい風に見られたいという願望。

こういった人の目線が気になることによって

本当は自分は何をしたいか?

って想いが曇っていくんですよね。

人の期待に応えようってことも
自分の心に負荷を与えます。

ただ、他人はそこまで自分に興味ないし、
期待をかけているわけでもありません。

期待に応えなきゃ!とか
人が気にしている!って思っていることって

全部自分の心が作り出しているものだったりするんですよ。

自分って見られてないんだ~!って思ったら
驚くほど気持ちが楽になりました!

もし評価されていたとしても、
それはその人の評価であり
全員が同じ評価ではありません。

人の目を気にしなくなると
どんどんやりたいことにチャレンジできるようになり

やりたい!→やろう!

って行動がシンプルになっていくんですよね。

自分の本当の気持ちで動く…みたいな。

でも、無理に捨てなくてもいい。

好きなら好きで、
それは不要なものではないと思います。

むしろ大切にするべき。

その人にとっては必要なものなので、
捨てるべきではないと思います。

私は捨てたものに
特にこだわることがなかったので、捨てることを決めました。

特に好きじゃないけど、
惰性で続けていることは、捨てて良いと思います。

時間が生まれて新しいことに時間を使えますからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました